# 基本設定

アカウントを開設したら、DG1管理画面「最近の動向」から「サイト設定を更新する」へすすみ詳細を設定します。

Site settings

「サイトの編集」にある5つのタブ(一般設定、言語設定、スタイル、ロゴ、ストア設定)からサイトの詳細が設定できます。また、右側にあるクイックアクセスのリンクから、設定したい項目を簡単に見つけることができます。

Site settings

** サイト構築の際には以下項目を忘れずに設定してください。 **

  • 一般設定
  • 「通貨」の設定
  • 「フォーマット(形式)」の設定
  • 「プッシュ通知」の有効化
  • 言語設定
  • ドメイン設定よりサイトを「公開済み」にする
  • 「言語設定」 > 「言語の追加」より使用言語を追加する
  • 「言語設定」 > 「クッキー」よりクッキーポリシーを追加する
  • スタイル
  • ヘッダー・フッタースタイルの設定
  • 「テーマ」 > 「商品画像」より画像フォーマットを設定する
  • ストア設定
  • 「ショップ機能」と「オンライン予約機能」を有効にする
  • 「税額」を設定する
  • 「在庫」を設定する
  • 「チェックアウト」で有効・無効にする項目を設定する

Note

メモ! それぞれの設定に関しては、初回設定時、デフォルトの値が設定されている項目がありますので、必要に応じ変更してください。

DG1では多言語のサイトを作成することができます。複数サイトを作成した方がいい場合と、1つのサイトを多言語で公開するほうが好ましい場合については以下テーブルをご確認ください。

# 多言語サイトオプション:
多言語サイトを1サイトだけ運用

取り扱う言語で商品や税率、通貨等の設定がすべて同じ場合には1サイトで多言語を運用すると便利です。ひとつのサイトで運用している場合は、単語や名称などは言語によって翻訳することができますが、その他の設定はすべて同じとなります。
例えば、ヨーロッパで英語サイトを運用しており、サイトに他言語を追加したい場合には、コンテンツを追加・編集する度に、サイト構築から各言語に翻訳するようにしてください。

異なるサイトを運用する

特定の商品やコンテンツ、サイトによって設定を変更する場合には、それぞれ個別のサイトを作成する必要があります。商品の品揃いが同じでも2のサイトをそれぞれ作成して運用すると、特に次のような場合には、サイト管理がしやすくなります。
  • 同一商品であっても、サイトによって異なる商品価格を設定する場合
  • 同一商品であっても、サイトによって消費税など異なる税率を設定する場合
  • 在庫場所によって在庫が異なる場合
  • サイトによって異なる割引を設定する場合
  • サイトによって決済方法が異なる場合
  • サイトによって配送方法が異なる場合
  • 特定サイト内の特定商品のみステータスをアクティブまたは休止中に設定したい場合
  • サイトによって異なるプロモーションツールを使用したい場合
  • サイトによって異なるコンテンツを追加したい場合

メモ:異なるサイトを構築する場合には、まずはじめにデフォルトサイトを編集・構築することをおすすめします。編集方法は以下リンク先のドキュメントをご参照ください。

# サイトの編集


# Also in this section

Copyright © 2022 DG1 Group Holdings Inc - All Rights Reserved - Terms of use - Privacy Policy - v0.2.9