# ターゲティング セグメント・フィルター機能

マーケティングに顧客をインポートする前に、メールリストを準備しましょう。

メールリスト セグメント
例えば、衣類・雑貨等のオンラインショップで、ユーザーがメンバー登録すると、無料Tシャツをもらえるキャンペーンの登録フォームを設定したとします。
サイズを問わず登録メンバーすべてに今後キャンペーンを実施する場合は、全顧客がメールリストのインポート対象となります。
キャンペーンの登録フォームから入手したTシャツサイズなどユーザーの個人情報をもとに、例えばLサイズの男性顧客のみを対象にビッグサイズのプロモーションを実施する場合には、このメールリストから、性別とLサイズの顧客を分類したセグメントを作成する必要があります。

セグメントでは異なる属性や連絡先情報、購入歴などについても、フィルター検索することができます。メールリストについては、顧客の一般的な関心事項や顧客情報の情報源と捉えていただくことができます。


# セクション内容:


# セグメントを作成する

  1. DG1マーケティング のターゲティングへいきます。
  2. セグメントをクリックしてください。

  1. 新しいセグメントを追加するには、追加 add blue button をクリックしてください。

  1. 新しく追加するセグメントの詳細を入力してください。
    • タイトルに、追加するセグメント名を入力してください。
    • 説明を入力してください。(任意)

  1. セグメント内で使用したい必要条件をこちらで設定してください。条件は制限なしで追加していただけます。
    • 条件を設定する際に、すべてもしくは、いずれかと正しいならもしくは、誤りならをご設定ください。
    • 次にドロップダウンから追加する条件を選択します。
    • 条件を削除したい場合は、 をクリックして削除してください。
    • 条件を追加していくと、右側のセグメント範囲が変更されていくことが確認できます。
  2. セグメントを保存するには、 送信 submit green button をクリックしてください。

# セグメント処理

  • 自動処理

セグメントの処理は30分毎におこなわれて、セグメント内の顧客が更新されます。

  • 手動処理

特定のマーケティングキャンペーン(例:お知らせメールなど)を送信、処理する際に、手動でセグメントを更新することができます。この場合は、該当するセグメントの編集画面へ移動して、送信 submit green button をクリックしてください。キャンペーンを送信する前に最新のセグメントへ更新されます。

ポイント

セグメントの再処理を行うことで、顧客データベースを更新することができます。

(例: 例えば、セグメント内に条件が1万円以上のお買い物をしてくださったお客様だった場合、自動処理では更新できていない顧客が存在する可能性があります。その場合、手動での処理を行っていただくことによって最新の顧客データベースをもとにキャンペーンを送信することが可能になります。)

Copyright © 2024 DG1 Group Holdings Inc - All Rights Reserved - Terms of use - Privacy Policy - v0.5.21